Accomodation clause 宿泊約款

第一条 【本契約の適用】

  1. 当ホテルの締結する宿泊約款及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、法令又は慣習によるものとします。
  2. 当ホテルは、前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じることができます。

第二条 【宿泊引き受けの拒絶】

当ホテルは、次の場合には、宿泊の引受をお断りする場合があります。当ホテルが下記事項の規定に基づいて宿泊約款を解除したときは、宿泊客がいまだ提供をうけていない宿泊サービスの料金はいただきません。
  1. 宿泊の申し込みがこの約款のよらないものである時。
  2. 満室(員)により客室の余裕がない時。
  3. 宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定又は公の秩序著しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められた時。
  4. 宿泊しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められる時。
  5. 宿泊に関し特別の負担を求められた時。
  6. 宿泊しようとする者が、泥酔等により、他の宿泊者に迷惑をおよぼすおそれがあると認められるとき、あるいは宿泊者が他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動をした時。
  7. 寝室での寝たばこ、消防用設備等に対するいたずら、その他当ホテルが定める利用規則の禁止事項に従わない時。
  8. 天災、施設の故障その他やむを得ない理由により宿泊させることができない時。
  9. 千葉県旅館業法施行条例第13条に準ずる。

第三条 【氏名等の明告】

当ホテルは、宿泊日に先だつ宿泊の申し込み(以下「宿泊予約の申し込み」という。)をお引き受けした場合には、期限を定めて、その宿泊予約の申し込み者に対して次の事項の明告を求めることがあります。
  1. 宿泊者の氏名、性別、国籍及び職業。
  2. その他当ホテルが必要と認めた事項。

第四条 【予約金】

  1. 当ホテルは、宿泊予約の申し込みをお引き受けした場合には、期限を定めて、宿泊期間(宿泊期間が3日を超える場合は3日間)の宿泊料金を限度とする予約金の支払いを求めることがあります。
  2. 前項の予約金は次条の定める場合に該当するときは、同条の違約金に充当し、残額があれば返還します。

第五条 【予約の解除1】

当ホテルは、宿泊予約の申込者が、宿泊予約の全部又は 一部を解除したときは、【第十四条】違約金の申し受け規定により、違約金を申し受けます。
  1. 団体客(ペイングメンバー15人以上のものをいう。以下同じ。)の一部について宿泊予約の解除があった場合には、宿泊日の10日前の日(その日より後に当ホテルが宿泊予約のお申し込みをお引き受けした場合はそのお引き受けをした日)における宿泊予約人数の10%にあたる人数(端数が出た場合は切り上げます。) については、この限りではありません。
  2. 当ホテルは、宿泊者が連絡をしないで宿泊日当日の午後8時(あらかじめ予約到着時刻の明示されている場合は、その時刻を2時間経過した時刻)になっても到着しない時は、その宿泊予約は申込者により解除されたものとみなし処理することがあります。この場合でも違約金を申し受けます。※補足1
  3. 前項の規定により解除されたものとみなした場合において、宿泊者が、その連絡をしないで到着しなかったことが列車、航空機等の公共機関の不着又は遅延その他宿泊者の責に帰さない理由によるものであることを証明したときは、前項の違約金は頂きません。

第六条 【予約の解除2】

当ホテルは、他に定める場合を除くほか、次の場合には宿泊予約を解除することが出来ます。
  1. 第二条第3号から第七条までに該当することになったとき。
  2. 第三条第1号の事項の明告を求めた場合において、期限までにそれらの事項が明告されないとき。
  3. 第四条第1項の予約金の支払いを請求した場合において、期限までにその支払いがなかったとき。
  4. 当ホテルは、前項の規定により、宿泊予約を解除したときは、その予約についてすでに収受した予約金があれば返還します。

第七条 【宿泊の登録】

宿泊者は、宿泊日の当日、当ホテルフロントにおいて、次の事項を登録して頂きます。
  1. 宿泊カード(レジストレーションカード)の記入項目
    • 宿泊者の、氏名、年齢、性別、住所及び職業。
    • 外国人にあっては、国籍、旅券番号、入国地及び入国年月日。
    • 出発日及び出発予定時刻。
    • その他当ホテルが必要と認める事項。
  2. 宿泊客が第十条の支払いを、宿泊券、クレジットカード等通貨に代わる得る方法により行おうとするときは、あらかじめ、前項の登録時にそれらを呈示していただきます。※補足2

第八条 【チェックアウトタイム】

宿泊客が当ホテルの客室をおあけ頂く時刻(チェックアウトタイム)は、午前10時とします。
  1. 当ホテルは前項の規定にかかわらず、チェックアウトタイムを超えて客室の使用に応じる場合があります。この場合においては、次に掲げるとおりの追加料金を申し受けます。なおご利用の可否につきましては、空室状況によりご利用いただけない場合がございます。
    • 午後 4時まで・・・・・30分につき500円(部屋タイプ問わず)
    • 午後 4時過ぎ・・・・・宿泊料金の100%
  2. 当ホテルは、前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じることができます。

第九条 【営業時刻】

レストランメイプルの営業時間は下記のとおりです。
  1. 営業時間は6時30分から20時30分です。(6時30分から9時30分までは、宿泊客の朝食のみとさせていただきます。)
  2. 前項の時間は、やむを得ず臨時に変更することがあります。その場合には、適当な方法をもってお知らせいたします。

第十条 【料金の支払い】

  1. ご到着時に通貨、又は当ホテルが認めた宿泊券、クレジットカード等、これに代わり得る方法により、宿泊数の相当額をお預かりさせて頂きます。
  2. ご精算は宿泊者の出発の際、又は当ホテルが請求した時に行って頂きます。
  3. 当ホテルが宿泊客に客室を提供し使用が可能になった後、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても宿泊料金は申し受けます。

第十一条 【利用規則の尊守】

  1. 宿泊者は当ホテル内において、当ホテルが定めた利用規則に従って頂きます。

第十二条 【宿泊継続の拒絶】

当ホテルは、お引き受けした宿泊期間中といえども、次の場合には宿泊の継続をお断りすることがあります。
  1. 第二条第3号から第9号までに該当することとなったとき。
  2. 前条の利用規則に従わない時。

第十三条 【宿泊の責任】

当ホテルの宿泊に関する責任はつぎのとおりです。
  1. 宿泊客が当ホテルのフロントにおいて、宿泊の登録を行った時又は、客室に入った時のうちいずれか早い時に始まり、宿泊客が出発するため客室を開けた時に終わります。
  2. 当ホテルの責に帰すべき理由により宿泊客に客室の提供ができなくなったときは、天災その他の理由により困難な場合を除き、その宿泊客に同一又は類似の条件による他の宿泊施設を斡旋します。この場合には、客室の提供が継続できなくなった日の宿泊料金を含むその後の宿泊料金は頂きません。

第十四条 【違約金申し受け規定(キャンセル料)】※補足3

  1. 一般客
    • 宿泊日の前日に解除した場合、宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の20%
    • 宿泊日の当日に解除した場合、宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の80%
    • 宿泊日に連絡も無く宿泊しなかった場合(いわゆる不泊/ノーショー)宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の100%
  2. 団体客(15人以上)
    • 宿泊日の13日前の日から宿泊日の2日前までに解除した場合、宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の10%
    • 宿泊日の前日に解除した場合、宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の20%
    • 宿泊日の当日に解除した場合、宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の80%
    • 宿泊日に連絡も無く宿泊しなかった場合(いわゆる不泊/ノーショー)宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の100%
  3. 団体客(15人以上)
    • 宿泊日の13日前の日から宿泊日の2日前までに解除した場合、宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の10%
    • 宿泊日の前日に解除した場合、宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の20%
    • 宿泊日の当日に解除した場合、宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の80%
    • 宿泊日に連絡も無く宿泊しなかった場合(いわゆる不泊/ノーショー)宿泊者一人につきその宿泊第一日目の宿泊料金の100%
  4. 当日の宿泊日変更は、上記規定を適用いたします。(当日の予約をキャンセルして、新たに予約を申し込むことになります。)

補足

  1. 現在運用上、午後8時を過ぎて、連絡が無くとも到着するまで、お部屋を処理することは有りません。よって、当日キャンセル、不泊の場合は第十四条を適用させて頂きます。
  2. 使用可能なクレジットカードは、UC・VISA・DC・AMEX・CF・NICOS・MC・ダイナース・マスター・銀聯・新韓カードです。デビッドカードの使用が出来ます。トラベラーズチェックは使用が出来ません。
  3. 違約金申し受け規定は、ホテルの部屋は、その当日に販売が出来ないと、翌日に販売することが出来ない為です。当ホテルとしても違約金を申し受けることは、大変心苦しいものがありますが、上記理由によりますので、ご理解をお願い致します。予約のキャンセルは一日でも早い時期にお願い致します。また、日程が不確定の場合は、確定してからお申し込み下さい。
Tweet LINEで送る